住友軽金属工業は社長に山内取締役専務執行役員が昇格へ

住友軽金属工業は社長に山内取締役専務執行役員が昇格へ

住友軽金属工業は、山内重徳取締役専務執行役員(60歳)が社長に昇格、桝田和彦社長(66歳)が代表権のある会長に就任する人事を行う。6月末の株主総会後の取締役会で正式決定する。山内氏は、入社後は長らく研究開発部門に席をおき、その後は主力製造拠点の生産技術部長を経験している。桝田社長はこうした経歴から、「当社の技術者としては珍しくオールラウンドプレーヤーで、現場の統率力に長けている」と登用の理由を説明する。

社長交代の会見で桝田社長は、「5年前の就任以来、社長のミッションは後継者を育成し、選ぶことだと考えていた。候補者として山内さんを選び、今年の交代を前提に昨年の役員人事で代表権を持つナンバー2に登用した。だが、昨年後半から世の中が変わり、2009年3月期は過去最大の赤字となる事態に陥った。私がトップを続けて業績回復の指揮をとり、その後に山内さんに社長になってもらう、という選択もある。ただ、それでは私が老害をまき散らすことになるかもしれないし、山内さんが年を取ってしまう。やはり、ここは新しい人に変わってもらい、経営計画の見直しと実行をやってもらおう、と決断した」と交代までの経緯を語った。
 
 また、「一刻も早く新しい体制で、となれば4月に社長交代する方法もあった。しかし、まだ過去最大赤字の09年3月期決算をまとめて、株主の皆様にご説明する作業が残っている。これは私がやらねばならないことであり、そのための6月末の正式交代、ということ。ただ実質的には4月から山内さんに指揮をとってもらう」と新年度からの新体制移行を明言した。

山内氏は「足元はトンネルの中。この先、トンネルを抜けても以前ほどの販売量、生産量に戻ることはないのではないか。操業率が70%でも利益が出る体質にする」と新社長としての決意を述べた。

住友軽金属工業は、自動車や家電、建築向けのアルミ製品需要の急落と株評価損などで、前09年3月期は最終赤字55億円(前期は54億円の黒字)の見込み。今10年3月期も需要回復が遅く、最終赤字が続くと「東洋経済オンライン」は見ている。


(鶴見 昌憲)


《東洋経済・最新業績予想》
(百万円)    売 上  営業利益 経常利益  当期利益
連本2008.03  327,591 18,041 13,293 5,394
連本2009.03予 280,000 2,500 -4,000 -5,500
連本2010.03予 290,000 4,000 -1,000 -2,000
連中2008.09  157,807 4,154 1,573 6
連中2009.09予 145,000 2,500 0 -500
-----------------------------------------------------------
         1株益¥ 1株配¥
連本2008.03  14.7 3 
連本2009.03予 -15.0 0-3 
連本2010.03予 -5.4 0-3 
連中2008.09  0.0 0 
連中2009.09予 -1.3 0 

関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
情報の裏側<br>ググるだけではカモられる

スマホの登場で簡単に情報を手に入れられるようになった。一方、エセ情報も氾濫。情報洪水の舞台裏と、荒波を泳ぎ切る実践スキルを紹介する。佐藤優氏、池上彰氏…情報賢者が登場。