インサイトvs.プリウス、米国でもガチンコ勝負

インサイトvs.プリウス、米国でもガチンコ勝負

不況などどこ吹く風。ホンダ鈴鹿工場は今、ホンダの新型ハイブリッド車(HEV)インサイトの量産に忙しい。生産台数は1日600台が公表数字だが、730台近く生産する日も少なくない。1分に1台のペースだ。「4月から導入されるエコカー減税を待って新車登録するお客さんも多い。3月後半から4月にかけてどれだけ生産できるかが勝負」とホンダの福井威夫社長も力が入る。

インサイトは2月に発売して10日目に受注1万台を突破。「全国のホンダディーラーが1台ずつ買えば、それだけで2000台になる」(業界関係者)と皮肉る声をよそに、直近で2万台を超えた。

この人気を受けて、5月に3代目の新型プリウスを発売するトヨタ自動車も動いた。新型は排気量1・8リットルだが、1・3リットルのインサイトよりわずか16万円高の205万円に設定。さらに現行モデル(1・5リットル)はインサイトと同価格の189万円に値下げすると報じられるなど、対決姿勢をあらわにしている。

「2万ドル以下」貫く

販売現場では露骨なインサイト潰しも始まっている。首都圏のあるホンダディーラー幹部は「トヨタ側が強烈な下取り対策をかけている」と明かす。「ウチなら3万~5万円で引き取るようなクルマを『トヨタで査定したら10万円だった』とお客さんに言われ驚いた。20万円という話もある。どちらか迷うお客を徹底的に囲い込むつもりだろう」。

けんかを売られた格好のホンダだが「値段競争になったら負けないが、する気もない」(福井社長)と静観の構え。実際、販売現場からも「減税前後の価格差を埋める(販売奨励金)約4万円以外、対策費は出ていない」(別のホンダディーラー)と聞こえてくる。

ホンダにとって真の戦いは海外市場だ。3月24日、インサイトは米国でもショールームデビューした。価格は驚きの1万9800ドル(輸送費等は別)。大幅な円高に振れた状況下、かなり挑戦的な価格設定といえる。1ドル115円なら円換算の売上高は228万円だが、95円では188万円に減る。それでも「200万円・2万ドル・2万ユーロという、HEVが普及するうえでの壁」(インサイト開発責任者の関康成氏)をブチ壊すほうを優先した。

ホンダはHEVの主市場・米国でトヨタに惨敗してきた。2008年のプリウス販売台数16万台に対し、シビックハイブリッドはわずか3万台にすぎない。HEV車は5年後の14年には世界で400万台市場に達するとも予測されているが、その7割は欧米が占める。“覚悟”の値付けでトヨタに雪辱を果たせるか。ホンダの正念場は今から始まる。

インサイトのエンジンルーム

関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
情報の裏側<br>ググるだけではカモられる

スマホの登場で簡単に情報を手に入れられるようになった。一方、エセ情報も氾濫。情報洪水の舞台裏と、荒波を泳ぎ切る実践スキルを紹介する。佐藤優氏、池上彰氏…情報賢者が登場。