アイケンジャパン

「アパート経営」業界の常識を覆す
建物づくりと管理

アイケンジャパン

将来の公的年金の不安や、経済環境の不透明感から、資産形成の手段として「アパート経営」に注目する人が増えている。需要の高まりからアパートの企画・販売会社も増えているが、「建物はどこも似たり寄ったり」、「入居者は狭い居室を我慢して使っている」、「結果として、新築のうちは入居者が付くが、すぐに空室になる」といった声もある。これらの悪循環を、新しい発想で改革しようとしている企業がある。福岡市に本社があり、広島、大阪、名古屋、東京などで展開するアイケンジャパンだ。建物づくりから管理まで、これまでの業界の常識を覆す取り組みを行い、創業以来、「入居率99%」、「オーナーのアパート経営継続率99%」という実績を継続しているという。その秘密はどこにあるのか取材した。

社会人の女性をターゲットにした
こだわりの設計・仕様が人気

名古屋市―。市営地下鉄の駅からほど近い住宅街の中に、真新しい2棟のアパートが並んで建っている。アイケンジャパンが手がける物件の一つだ。道路を挟んだ目の前が豊かな緑のある公園という恵まれた立地もさることながら、分譲マンションを思わせる外観が目を引く。

また、各棟6戸にもかかわらずオートロックを備え、内廊下になっているところなども、賃貸アパートとは思えない。さらに間取りにも特長がある。一般的な賃貸アパートは、いわゆる「ようかん型」と呼ばれるように、各住戸が並列に配置され、外階段と外廊下でつながったものがほとんどだ。建築の効率はいいが、壁一枚のため隣室の音が漏れやすく、中側の住戸は通気性が悪くなる。部屋が狭いのもネックだ。それに対して、アイケンジャパンの建物は、1LDKタイプが中心となっている。約9畳の広々としたリビングがあることに加え、各住戸を水回りで仕切ることで、全室を角部屋にすることができ、防音効果を高めている。もちろん、全室角部屋なので明るい。

代表取締役 中島厚己

アイケンジャパンの中島厚己社長は「当社では、入居者のターゲットを社会人の女性に設定しています。このため、セキュリティ面などには細部にまで徹底的にこだわっています」と話す。

前述したように6戸のアパートであってもオートロックや屋内廊下・階段を備えているのもそのためだ。このほか、1階のバルコニーの高さは約2.5メートルと高くなっており、外からのぞくことができないようになっている。防犯シャッター、防犯砂利、バルコニーライト、カラーモニターインターホンも、一人暮らしの女性には安心だろう。

次ページ何重もの防音設計など 見えない部分も丁寧に設計・施工
お問い合わせ
株式会社アイケンジャパン
〒810-0001
福岡市中央区天神2-7-21
天神プライム12F
 0120-55-3943
 info@aikenjapan.jp
 http://aikenjapan.jp/