【産業天気図・損害保険】市場環境悪化で「雨」降り止まず。業界再編も一気に加速

予想天気
  09年4月~9月   09年10月~10年3月

金融危機に伴う保険事業に低迷に加え、市況悪化に苦しまされている損害保険業界では2009年度も「雨」が降り止みそうにない。さらなる状況悪化が見込まれる中で、損保業界ではついに第2次再編の幕が切って落とされた。
 
 柝を鳴らしたのは、損保業界2位の三井住友海上グループホールディングス(以下、MSI)<8725>、あいおい損害保険(同4位)<8761>、ニッセイ同和損害保険(同6位)<8759>の3社。業界内では再編機運の高まりがたびたび指摘されていたが、この2月、2010年4月の経営統合を目指して、本格的な協議に入った。この統合が実現すれば、一般企業の売上高に相当する正味収入保険料で見て国内最大、世界の損保業界では5位という巨大な保険グループが誕生することになる。
 
 これに触発されたのが国内損保業界3位の損害保険ジャパン(以下、SJI)<8755>と、同5位の日本興亜損害保険<8754>だ。MSI3社統合の記者会見から1カ月も経たない3月13日、この2社も10年4月に共同持ち株会社を設立し、両社がその完全子会社となり傘下入りすることを突如として表明した。SJIの佐藤正敏社長は、会見で「(3社の経営統合が)弾みとなったことは間違いない」と認めている。
 
 これらのグループ統合により、国内の損保市場は正味収入保険料2兆円超の「3メガ損保」の寡占状態となる。
 
 一方、足元に目を転じると今09年3月期の損保各社の業績は、世界的な金融危機の影響が色濃く出たものとなった。根底は、保険事業は不振でも、自然災害が少なく保険金支払いが減り、この結果、本業では儲けが出たところも多い。だが、そのわずかな儲けをも市況悪化が吹き飛ばした。保有する有価証券のポートフォリオにより多少の濃淡はあるが、各社とも運用関連損が拡大し、SJI、ニッセイ同和の2社は最終赤字に陥る見込みだ。

関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
JR九州“脱鉄道”の成算

今年、上場を果たしたJR九州。豪華寝台列車「ななつ星in九州」は話題になった。しかし、人口減少などもあって鉄道事業の先行きは暗い。成長は非鉄道事業の成否に懸かっている。