プレイボーイ創刊者邸宅、235億円で売り出し

個人宅売却価格としては米国で過去最高水準

 1月11日、米男性誌プレイボーイの創刊者、ヒュー・ヘフナー氏がカリフォルニア州ロサンゼルスに所有する邸宅が、2億ドル(約235億円)で売りに出されていることが明らかに。写真は昨年8月撮影(2016年 ロイター/Mario Anzuoni)

[11日 ロイター] - 米男性誌プレイボーイの創刊者、ヒュー・ヘフナー氏がカリフォルニア州ロサンゼルスに所有する邸宅が、2億ドル(約235億円)で売りに出されている。プレイボーイ・エンタープライジズが明らかにした。個人宅の売却価格としては米国で過去最高水準となる。

この邸宅は「プレイボーイ・マンション」として知られ、面積は約1858平方メートルで29室。敷地にはこのほか、テニスコートやプール、華やかなパーティーが行われた洞窟などがある。さらに、動物園の認可も取得しているという。

「プレイボーイ・マンション」は1927年に建てられ、1971年にプレイボーイが購入。現在もヘフナー氏が居住している。

関係者は、売却の理由を明らかにしていない。

関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチAD
残業禁止時代<br>働き方改革のオモテと裏

労基署から是正勧告を受けたHIS、朝日新聞社。社員が過労自殺した電通。大手でも野放し状態の残業大国・日本。残業時間の上限規制が導入予定だが、ブラック職場は改善されるか。